社内規程作成

(1)既にある社内規程を見直したい場合及び規定を追加したい場合

  まず、

① 規程を拝見させてください。

② 現在、お困りのことや変更したい点をお話しください。

 その後、②を踏まえた上で、規程同士の整合性や法改正に対応しているか等を確認し、修正の要否を含めて見直しの概要をご提案します。

(2)全く社内規程がなく、初めて作る場合

  まず、

➀ 現時点で解決したい問題と必要とお考えの規程を教えてください。

② 今後どのような会社にしたいかもお話ください。

その後、①・②を踏まえて、作成すべき規程と内容の概要をご提案します。

(3)社内規程作成に関する当事務所の考え方

 提案に際しては、一般的に必要とされる規程の一覧をご提示します。そこから、規程の取捨選択や追加する規程を決めましょう。

 また、規程は作り方そのものにコツがいりますので(社内規程作成のコツ)、作り方も含めたご提案をします。

 さらに、当事務所では規程運用の説明書も添付しますので、使える規程で機能する組織にしましょう。

 最後に、市販の規程集を買ってきて、そこから適当に選べばよいのではないか、というご意見を伺うことが多いです。

 たしかに、規程集は参考にするにはよいですが、あなたの会社の社風や経営者の方針とずれていたり、不要な条項が含まれていたりします。会社の実状とずれた規程や不要な条項を従業員は守りません。

 そして、この守らないという状況は、残念ながらずれた規程や不要な条項だけにとどまらず拡大し、従業員が規程を守らないことが横行します。

 一緒に納得のいく使える規程を作りましょう。