個人情報保護業務と具体例

 改正個人情報保護法は、企業規模や保有する個人情報の数にかかわりなく、会社はもちろん、個人事業主も含むすべての事業者に適用されます。

 そこで、個人情報保護法で求められる義務を果たしつつ、個人情報を有効に活用する方策を定めることが必要となります。

 しかし、ネットで個人上保護規程のひな形をダウンロードして使えば大丈夫という安易な認識や、逆に高額のセキュリティシステムを導入しなければならないなどの誤った認識を持つ人が少なくありません。事業者が保有する個人情報の質や数、さらには保管方法や場所など、さまざまな条件によって個人情報保護対策は異なります。

 我々は個人情報の安全性はもちろん、できる限り事業者の現状に合わせた規程を作成します。実際に事業所を確認させていただき、実情に合った規程を作成し、運用マニュアルも添付します。必要に応じて従業員への研修も行います。ぜひ、一度、無料見積をご利用ください。⇒ お問合せはこちらへ

 また、事業者が過剰な個人情報保護対策をとることなく、個人情報を事業活動に有効に活用するための事例を紹介しています。ご興味のあるテーマがございましたら、ご覧ください。

個人情報を取得する時   ・個人情報を書面で取得する時

きっとあなた(貴社)も個人情報取扱事業者です

ホームページに掲載するプライバシーポリシー

個人情報担当窓口の必要性   ・個人情報窓口担当者を養成します

名簿業者から名簿を購入する場合に気をつけること